普門寺[真言宗豊山派][茨城県つくば市神郡970] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[普門寺]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

慈眼山三光院 普門寺(ふもんじ)  fumonji

客殿
客殿
宗派
真言宗豊山派
住所
〒300-4212 茨城県つくば市神郡970  Map
電話
0298-67-0185

ひとくちメモ

139号線沿いの筑波山の山裾にある神郡地区に伽藍が鎮座しています。 創建は鎌倉時代の元亨3年(1323)に筑波山麓一帯で布教活動を続けていた乗海大和尚が開山した真言宗豊山派の寺院です。 常陸の豪族小田家の祈願寺として隆盛を極め、末寺508ヶ寺を有して十万石の格式を誇り、小田領四ヶ寺の筆頭となりました。 茨城県の南部に真言宗豊山派の寺院が多いのはこのためとされています。
大聖寺安楽寺歓喜院観音寺聖林寺宝幢院

現在境内には宝暦2年(1752)に再建された客殿、寛政年間に再建され、平成13年に再再建された鐘楼堂、 天明3年(1783)に再建された赤門、建立年月は不詳ですが筑波地域で最も古い寺社建築物のひとつである黒門などがあります。 残念ながら2009年12月に寛政2年(1720)に再建された本堂が全焼し、同時に本尊の阿弥陀如来像が焼失しました。 無事であった両界曼荼羅はつくば市重要文化財であり、境内には小田家供養塔や天狗党田中忠蔵鎮魂碑等があります。


写真

寺名石柱
寺名石柱
由来看板
由来看板
参道
参道
六地蔵尊
六地蔵尊
山門(黒門)
山門(黒門)
黒門から赤門
黒門から赤門
山門(赤門)
山門(赤門)
赤門
赤門
境内の景色(奥の石垣は本堂跡)
境内の景色(奥の石垣は本堂跡)
建築中の新堂
建築中の新堂
地蔵尊像
地蔵尊像
鐘楼堂と境内の池
鐘楼堂と境内の池
十九夜塔
十九夜塔
鐘楼堂
鐘楼堂
鐘楼堂
鐘楼堂
小田氏供養塔
小田氏供養塔
石柱(田中忠蔵隊陣営の跡)
石柱(田中忠蔵隊陣営の跡)
境内からの景色
境内からの景色
境内の景色
境内の景色
参道途中にある駐車場の梅
参道途中にある駐車場の梅