大聖寺[真言宗豊山派][茨城県土浦市永国町203] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[大聖寺]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

羽黒山今泉院 大聖寺(だいしょうじ)  daishouji

本堂
本堂
宗派
真言宗豊山派
住所
〒300-0817 茨城県土浦市永国町203  Map
電話
0298-21-2110   大聖寺 ホームページ

ひとくちメモ

国道354号線の永国団地入口信号から花室川を渡たると「土浦大師不動尊」の大きな看板が見えます。 お寺の由来看板によると 創建は長徳元年(995)に現在地より東約500メートル先の永国の中央、亀井墓地近辺に醍醐寺成尊が開き 今泉寺と称したと伝えられています。 この地の豪族、小田貞宗が羽黒神社、大杉神社、熊野神社を外護し長日の祈祷を祈り今泉寺に田畠を寄進しています。 そして小田孝朝が「小田城四方護寺」(常陸四箇寺・小田四箇寺とも云う)を設けたのを機に大聖寺と改め、 寺地も田中荘平塚(現在のつくば市西平塚)に移したとされています。 小田城四方護寺は小田城を主軸として扇の如く神郡の普門寺、 平塚の大聖寺、岩田の法泉寺、加茂の南円寺と配し、 文字通り小田原城の出城の役割を果たしていました。 小田家滅亡前の大永六年(1526)には常陸国長国今泉寺大聖院として既に現在地に戻っていることが確認されています。 貞享2年(1685)および文久三年(1863)に堂宇を焼失、明治30年(1897)に庫裏を焼失など火災が相継いだが 昭和60年(1985)に再建され、昭和62年(1987)北関東三十六不動尊霊場第三十一番札所となっています。

山門は江戸時代貞享2年(1685)土浦城主松平信興が寄進、四脚門は応安2年(1369)の建立と伝えられ、共に土浦市文化財に指定されています。 また、境内には「新四国八十八カケ所」巡りが出来る霊場があります。

伽藍の在る地域一帯がお寺の寺地の大きなお寺です。 参拝した日は早朝だったので今度ゆっくりと四国八十八ケ所巡りに出かけるつもりです。


写真

参道
参道
山門
山門
四脚門
四脚門
四脚門「大聖寺」寺号額
四脚門「大聖寺」寺号額
本堂への参道
本堂への参道
参道階段の象
参道階段の象
本堂
本堂
本堂の扁額
本堂の扁額
北関東三十六不動尊霊場 第三十一番札所
北関東三十六不動尊霊場 第三十一番札所
仁阿殿
仁阿殿
三股の松
三股の松
高野槇(秋篠宮御植樹)
高野槇(秋篠宮御植樹)
境内の様子
境内の様子
境内の様子
境内の様子
護摩堂
護摩堂
護摩堂の扁額
護摩堂の扁額
納経受付所
納経受付所
不動明王像
不動明王像
土浦市指定名木・笠松
土浦市指定名木・笠松
本堂完成記念碑
本堂完成記念碑
弘法大師像
弘法大師像
弘法大師建開碑
弘法大師建開碑
弘法大師霊場の案内
弘法大師霊場の案内
四国八十八個所ミニ霊場案内図
四国八十八個所ミニ霊場案内図
勝軍地蔵菩薩(地蔵寺)四国五番
勝軍地蔵菩薩(地蔵寺)四国五番
奥本尊大日如来像と三嶋安一について
奥本尊大日如来像と三嶋安一について
大杉大明神鳥居
大杉大明神鳥居
大杉神社拝殿
大杉神社拝殿
お寺の杜
お寺の杜
大師堂
大師堂
男厄除坂
男厄除坂
看板(男厄除坂)
看板(男厄除坂)
弁財天の池
弁財天の池
弁財天
弁財天
聖観世音菩薩像(鎮守羽黒権現)
聖観世音菩薩像(鎮守羽黒権現)
四脚門
四脚門
西平塚大聖寺祉記念碑
西平塚大聖寺祉記念碑
つくし池
つくし池
大聖寺幼稚園終焉之碑
大聖寺幼稚園終焉之碑