観音寺[真言宗豊山派][茨城県つくば市百家寺後758] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[観音寺]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

福寿山 観音寺(かんおんじ)  kanonji

本堂
本堂
宗派
真言宗豊山派
住所
〒300-2638 茨城県つくば市百家寺後758  Map
電話
029-847-2885

ひとくちメモ

つくば市の百家(はっけ)地区の45号線から少し東側に入ったところに伽藍が建立されています。 創建は室町時代後期の天文10年(1541)、神郡普門寺の隆元の開山と伝えられています。 境内には多くの石碑があるが、寛永4年(1627)の紀年名のある大日如来浮彫板碑、宝暦10年(1760)の板碑は貴重なもので 現在はその刻字、文様は読めない。 この寺は江戸時代初期および明治初年に火災のため御本尊観音像の焼失は免れたものの伽藍の悉くを焼失し 現在のものは大穂町口ノ堀にあったものを貰って建てたと言われています。

また、この寺には毎年龍水万灯と呼ばれる花火を奉納しています。この花火の由来は口伝によれば 天保年間か天明年間頃に悪魔払いのため打ち上げ、 花火が天に昇る龍のようにみえたことからこの名がついたものだと言われています。 現在は毎年9月(旧暦8月17日)に観音寺裏の畑で打ち上げられています。


写真

山門
山門
忠魂碑
忠魂碑
本堂再建記念碑
本堂再建記念碑
本堂の扁額
本堂の扁額
板碑厨子
板碑厨子
大日如来浮彫板碑
大日如来浮彫板碑
仏堂
仏堂
仏像
仏像
石碑と仏堂
石碑と仏堂
境内の仏像群
境内の仏像群
境内の仏像群
境内の仏像群
境内の板碑、仏像群
境内の板碑、仏像群
百家農村集落センター
百家農村集落センター
百家農村集落センター
百家農村集落センター
境内の様子
境内の様子