鹿島神社(今鹿島)[茨城県つくば市今鹿島2338] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[鹿島神社(今鹿島)]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

 鹿島神社(今鹿島)(かしまじんじゃ)  kashimajinja

拝殿
拝殿
祭神
武甕槌神
系統
12.鹿島神社
住所
〒300-2641 茨城県つくば市今鹿島2338  Map
電話

ひとくちメモ

45号線沿いにある今鹿島地区に鎮座しています。 創建の詳細は不詳ですが、江戸時代初期の延宝年間(1673-1680)と伝えられています。 ここには平安時代後期の武将八幡太郎・源義家の伝説があります。 義家が奥州へ向かう際に常陸国に入ったこの地で 常陸の国の鹿島神宮という軍神を祀る神社の参拝を望んだが、ここからはるか東の海近くと知ると、 この地で東の方向を向かい馬の鞭を地面に刺し戦勝祈願をしたという。 それ以来、 この地を今の鹿島、今鹿島と呼ぶようになったと伝えられています。 馬の鞭は不思議なことに根付き育った。これを御神木として祀ったのが鹿島神社です。 御神木は榊で、枝の先を地面にさしたので、逆さ榊と呼ばれています。 八幡太郎・義家の伝説は他にも山木の八巻神社や 吉沼の 八幡神社に残っています。

神社正面からの参道の鳥居には昭和3年(1928)の刻年があります。 また、神社の側面にも参道があり、こちら側には新しい鳥居が建立されています。 本殿の裏には、榊木が祀られてますが、これが逆さ榊なのでしょうか?


写真

一の鳥居
一の鳥居
一の鳥居の額束
一の鳥居の額束
一の鳥居横の地蔵堂
一の鳥居横の地蔵堂
地蔵堂
地蔵堂
参道
参道
二の鳥居
二の鳥居
二の鳥居の額束
二の鳥居の額束
側面の参道
側面の参道
拝殿と本殿(側面)
拝殿と本殿(側面)
拝殿
拝殿
拝殿から本殿
拝殿から本殿
本殿(覆屋)
本殿(覆屋)
本殿の扁額
本殿の扁額
本殿
本殿
境内裏の榊
境内裏の榊
境内社稲荷神社鳥居
境内社稲荷神社鳥居
境内社稲荷神社
境内社稲荷神社
境内の神木
境内の神木
月山大神ほか
月山大神ほか
日露戦役記念碑
日露戦役記念碑