東光寺[曹洞宗][茨城県土浦市大手町3-14] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[東光寺]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

 東光寺(とうこうじ)  toukouji

境内全体の様子
境内全体の様子
宗派
曹洞宗
住所
〒300-0044 茨城県土浦市大手町3-14  Map
電話
0298-21-5077

ひとくちメモ

本尊は大日如来で慶長12年(1607)に心庵春伝によって開山されたと伝えられています。 境内には元文4年(1739)に建てられた瑠璃光殿と呼ばれる朱塗り薬師堂があります。 薬師堂の前には右手に嘉永5(1852)年の芭蕉159年忌に建てられた句碑「八九間空伝雨降柳可那」と 左手に担堂とも号した内田野帆の句碑「声に身を持たせて揚る雲雀かな」があります。 十七世住職昻道大如は俳人で東光寺でたびたび句会が催されていたそうです。 また、堂の左手には乃木将軍外祖父の長谷川金太夫翁之墓が祀られています。

境内には、また享保7(1722)年の建立の弁財天堂があります。 本堂裏の墓地には土浦藩主の侍医を勤めた辻元順の墓と土浦城南門の土塁の遺構が一部残っています。


写真

本堂
本堂
本堂の扁額
本堂の扁額
光明殿
光明殿
瑠璃光殿
瑠璃光殿
瑠璃光殿の扁額
瑠璃光殿の扁額
瑠璃光殿の背後
瑠璃光殿の背後
瑠璃光殿の彫り物
瑠璃光殿の彫り物
市指定瑠璃光殿石柱
市指定瑠璃光殿石柱
内田野帆の句碑
内田野帆の句碑
内田野帆の句碑
内田野帆の句碑
松尾芭蕉句碑
松尾芭蕉句碑
乃木将軍外祖父の長谷川金太夫翁之墓
乃木将軍外祖父の長谷川金太夫翁之墓
弁財天堂
弁財天堂
弁財天堂
弁財天堂
倒れた燈籠
倒れた燈籠
弁財天堂寄贈記念碑
弁財天堂寄贈記念碑
法堂
法堂
法堂の扁額
法堂の扁額
境内社稲荷神社
境内社稲荷神社
狛狐
狛狐
石仏群
石仏群
辻元順の墓
辻元順の墓
土浦城南門の土塁
土浦城南門の土塁
土浦城南門の土塁石柱
土浦城南門の土塁石柱
文化財説明看板
文化財説明看板