大御堂[真言宗豊山派][茨城県つくば市筑波748] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[大御堂]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

筑波山知足院中禅寺 大御堂(だいみどきょうかい)  daimidokyoukai

本堂
本堂
宗派
真言宗豊山派
住所
〒300-4352 茨城県つくば市筑波748  Map
電話
03-941-0764

ひとくちメモ

延暦元年 (782年) 徳一上人が東国に下り、イザナギ、イザナミの二神を千手観音、十一面観音の権現として創建され、 千手観音を安置して、その後空海が入山し知足院中禅寺と号したという。 江戸時代には徳川家の厚い庇護を受け、本堂を始め三重塔、鐘楼、楼門等を建立した。 しかし、明治時代に入ると、廃仏毀釈によって本堂を始め堂宇はことごとく打ち壊されが、 かろうじて本尊の千手観音像だけは信者の手で守られた。 昭和に入り再興され、筑波山神社拝殿の隣、筑波山大御堂となっている。


写真

筆塚と寺名石柱
筆塚と寺名石柱
本堂内の扁額(千手観世音)
本堂内の扁額(千手観世音)
鐘楼堂
鐘楼堂
大師堂
大師堂
菩薩坐像
菩薩坐像
地蔵菩薩像
地蔵菩薩像
華供養石と鐘楼堂奉納記念碑
華供養石と鐘楼堂奉納記念碑
寄進案内
寄進案内
歌碑石碑(源義)
歌碑石碑(源義)
歌碑石碑説明
歌碑石碑説明