永興寺[曹洞宗][茨城県つくば市高須賀21] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[永興寺]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

高須山 永興寺(えいこうじ)  eikouji

本堂
本堂
宗派
曹洞宗
住所
〒300-2665 茨城県つくば市高須賀21  Map
電話
029-847-6928

ひとくちメモ

小貝川西側の高須賀地区に伽藍が建立されたいます。
創建は天長2年(825)、天台宗の僧明室伝宝和尚が高須賀字高城寺に堂宇を建立して開基したと伝えられています。
中世になって廃寺となったが、 大永6年(1526)、石下町石毛山興正寺第三世曹室慧洞和尚が現在地に寺を建て、永興寺と改め、曹洞宗に属している。
太平洋戦争で供出された梵鐘の銘文から伝教大師(最澄)が建立されたとする医王山浄国寺が、 明治維新の頃まで高須賀に存在したことがうかがわれる。
また、浄国寺にあった薬師如来像は永興寺に現存する。
「谷田部の歴史」より

伽藍の入口は鐘楼堂横の山門と寺名石柱側の2ヶ所あり、 石柱には平成11年(1999)5月寄贈と刻年されています。


写真

山門
山門
寺名石柱
寺名石柱
鐘楼堂
鐘楼堂
梵鐘
梵鐘
仏堂
仏堂
庫裏の花壇
庫裏の花壇
伽藍の全景
伽藍の全景