腰神神社(中野)[茨城県つくば市中野147-18] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[腰神神社(中野)]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

 腰神神社(中野)(こしかみじんじゃ)  koshikamijinja

神祠
神祠
祭神
系統
99.不詳
住所
〒305-0873 茨城県つくば市中野147-18  Map
電話

ひとくちメモ

中野の鹿島神社の参道入り口の側に祀られています。 創建は不詳で小さな鳥居と祠のみの神社です。

境内にある由来記を記します。 昭和の初期、為輔」さんが松林であったこの地を掃除していたところ、鎌が石に当たった。 この石を邪魔だと思い蹴り飛ばした。 その夜より強い腰の痛みのため動くこともできなくなった。 困り果てたあげく、よく当たる女易者に見てもらうことにした。 これは、掃除中に蹴飛ばした石のたたりで、腰の痛みを治すには、その石を見つけて清めて奉るしかないと言われた。 言われたとおりに石を見つけお神酒で清め奉ったところ、腰の痛みが治ったという。 この話は、地域でうわさとなり、腰の痛みで困っている人々が、お参りにくるようになった。 お参りに来た人々の腰の痛みも治ったことから、「腰神神社」と呼ばれ大切にされている。


写真

神社の全景
神社の全景
手水舎
手水舎
由来碑
由来碑