日枝神社(田中)[茨城県つくば市田中1850番] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[日枝神社(田中)]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

旧郷社 日枝神社(田中)(ひえじんじゃ)  hiejinja

拝殿
拝殿
祭神
大山咋神、大己貴神
系統
07.日吉神社、日枝神社
住所
〒300-4244 茨城県つくば市田中1850番  Map
電話
茅輪祭
7月30日

ひとくちメモ

国道408号線の田中交差点から南西の位置にあります。 滋賀の日吉神社の御分霊を祀り、 創建は貞観2年(860)と伝えられ、承久3年(1221)年小田知重により再建され、 興国元年(1340)に戦乱にて社殿が炎上したが永享年中(1429-1441)小田孝朝が再造営した。 本殿は入母屋造の三間社で、遷宮式挙行高札が現存し、社殿が完成して享保9年(1724)に遷宮したことが知られています。 田中荘三十三郷の総鎮守で一ノ鳥居は豊村(旧伊奈町)、二ノ鳥居は島名村(旧谷田部町)、 三ノ鳥居は長高野村(旧大穂町)にあったという。 田中荘は嘉元大田文に「田中荘五百丁」とあり、現在のつくば市域の大半と隣接する谷和原・伊奈・明野・真壁にまたがる領域です。 明治6年村社、明治12年郷社に列せられたています。

承久3年の伝承は「吾妻鏡」に基づき、 承久の変の時、 近江の日吉神社の成茂は京都方に味方したという嫌疑をうけ、鎌倉に召し寄せられ、その身を預かったのが小田知重であった。 ところが北条義時の妻の夢の中に猿があらわれ彼女を悩乱せしめた。これは日吉神社の怒りということになり、 成茂はただちに許されて本国に帰ったという。知重は日吉紳の 「不思議に威信し、成茂を頼み、日吉山王を田中庄三十三郷の総社に歓請し小田家の守護神になす」と縁起にいわれている。
「筑波の文化財(社寺建築編)」より

社殿前に広い流鏑馬場があり、祭祀行事に流鏑馬祭などが行われていたが、大祭である 茅輪神事は「ちのわしんじ」と訓み、茅輪をくぐり越えて罪穢を除き心身の清浄ならんことを祈祷するものです。


写真

参道
参道
鳥居
鳥居
鳥居の額束
鳥居の額束
手水舎
手水舎
狛犬(吽形)
狛犬(吽形)
狛犬(阿形)
狛犬(阿形)
拝殿の扁額
拝殿の扁額
境内の様子
境内の様子
本殿
本殿
本殿の組物
本殿の組物
流鏑馬場
流鏑馬場
流鏑馬場の五輪塔
流鏑馬場の五輪塔
三日月神社の橋
三日月神社の橋
三日月神社の鳥居
三日月神社の鳥居
三日月神社
三日月神社
フジテレビ放映記念碑
フジテレビ放映記念碑
如意輪観音
如意輪観音
青面金剛
青面金剛
神社由来碑
神社由来碑
山王大権現
山王大権現
十九夜供養
十九夜供養
庚申塔
庚申塔
石碑
石碑
奉公之碑
奉公之碑
忠魂碑
忠魂碑