赤城神社(木俣)[茨城県つくば市木俣300番] - 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市)

[赤城神社(木俣)]

ロゴ 時を巡るお寺神社の旅 (つくば市) 

The guide to exploring the shrines and temples in Shimonoseki city, Tsukuba city and surrounding areas,Japan

つくば市近郊の神社や宗派は問わないお寺を紹介をします。 掲載している寺社を全て訪問することを目指しています。

 赤城神社(木俣)(あかぎじんじゃ)  akagijinja

神殿
神殿
祭神
大物主神
系統
07.日吉神社、日枝神社
住所
〒300-2644 茨城県つくば市木俣300番  Map
電話

ひとくちメモ

133号線から上郷小学校方面に入り東に進むと木俣字宮前に鎮座しています。 祭神は大物主神(おおくにぬしのかみ)、創建は不詳で天明元年(1781)再建とあります。「豊里の歴史」より

大物主神はもともと大和地方で圧倒的な影響力を持つ,三輪山に祭られる神で この神をめぐる所伝は特に神の結婚に関するものが多く,『古事記』によれば,大物主神は丹塗矢に変身して溝を流れ下り, 勢夜陀多良比売という娘の陰部を突いた。この娘がその矢を持ち帰って床の辺に置いたところ,矢は美形の男になった。 この男と娘との間に生まれた子が,神武天皇の皇后となった比売多多良伊須気余理比売だ,という。 「朝日日本歴史人物事典の解説」より


写真

参道の藤棚
参道の藤棚
神殿の扁額
神殿の扁額
神殿内の御神体
神殿内の御神体
境内の様子
境内の様子
石祠
石祠
境内からの風景
境内からの風景
境内からの風景
境内からの風景